農業を元気に! いしかわ農業総合支援機構 > 販路開拓・6次産業化 > 県内への販路開拓

県内への販路開拓

豊かな食文化を生かし、地産地消を推進するとともに、需要者と生産者のマッチング支援により新たな販路開拓や商品づくりを推進することで、県産農林水産物の利用促進を図っています。

地産地消受注懇談会

石川県と(公財)いしかわ農業総合支援機構では、販路開拓・拡大を求める農林漁業者と地産地消に関心の高い県内の商工業者が一堂に会する「地産地消受注懇談会」を年に2回開催しています。
北陸新幹線開業後、県産食材は商工業者からこれまで以上に求められるようになっており、本懇談会を通じて、お互いの理解や情報共有を通じて新たな商品やメニューの開発などを進め、 地場産業の活性化や県産食材の消費拡大・地産地消を促進しています。
新たな販路開拓だけでなく、商談ノウハウの習得、生産者同士のつながりづくり、需要者のニーズ等情報収集の場としてもご活用いただけます。

地産地消受注懇談会の様子写真
地産地消受注懇談会の様子写真

のと里山直行便

近年、食の安全・安心等の観点から消費者の地元食材へのニーズが高まっていますが、石川県では、北陸新幹線金沢開業や「能登の里山里海」の世界農業遺産登録により、消費者や販売店等から能登の農産物への需要が一層高まっています。
このような背景から、能登の特色ある農産物を需要の多い金沢市やその周辺地域に安定的に供給する取組みとして、金沢市中央卸売市場への直行便を運行しています。
こうした新たな販売ルートの構築は、消費者に安全で安心な能登の旬の農産物を味わう機会を提供するだけでなく、生産者にとっても、生産意欲の喚起や所得向上にもつながり、ひいては、元気な地域づくりにもつながっています。

競りの様子写真
能登山菜フェアの様子写真